投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


田辺さん、遅い。

 投稿者:そうま  投稿日:2018年 5月15日(火)20時18分44秒
返信・引用
  4月中旬には、予定出してもらわないと。今回も、家族旅行と被る。
 

早いなおい

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 5月15日(火)07時40分35秒
返信・引用
  よっぽど待ち遠しいんだな。  

政治ネタではない。この夏の事である。

 投稿者:なべ  投稿日:2018年 5月11日(金)20時35分38秒
返信・引用
  今年も○○会の開催を予定しています。期日は8月5日(土)です。場所は聖地千両を予定しています。早めのお知らせですので、当方の連絡がつかないと思われる皆さんに、広めてください。  

完全に節操を失った朝日新聞

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月24日(火)00時40分51秒
返信・引用 編集済
  蓮池透氏の言葉などを安倍批判に使っているが、彼が今どんな立場なのかを全く書かず。
完璧に読者を馬鹿にしている。というか、読者はどうせ馬鹿だと思っている。
まさに唾棄すべき新聞だな。というか実際床につばを吐いたよ。(嘘)
 

安倍は全マスコミを敵に回した

 投稿者:くりはら  投稿日:2018年 4月23日(月)17時53分23秒
返信・引用 編集済
  と以前書いたが、最近ホントにその通りになってきたね。
特に、読売新聞のナベツネが安倍に宣戦布告して以降、読売系の報道のなんと酷くなったことか。
もの凄く露骨だよね。ホント、マジで早く放送法4条撤廃して電波オークション始まって欲しい。

ま、それが実現したとしても、壊れゆく日本を救う術にはなりようも無いんだけどさ。
 

プライムニュースのメインキャスターを反町理に戻せ

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月17日(火)15時47分6秒
返信・引用 編集済
  今のキャスターはつまらん。そのうえスキャンダル報道されてる。今のうちだ。早く反町に戻せ。  

忘れてた。これは書いとかなきゃ

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月16日(月)23時44分51秒
返信・引用
  「ガンバレ大阪高検!!」

という題名の投稿で色々書いたが、佐川氏の立件が見送りになったってね。残念でしたね。
せっかく応援してたのに。(棒)
 

40年後とかつて俺は言った

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月16日(月)23時26分44秒
返信・引用 編集済
  が、俺より数段賢い友人は、40年も持つかな?と言った。ちなみに彼は俺と違って
どちらかと言えば左翼寄りの考えで安倍嫌い。

更に、全く知り合いでは無いが、著名な学者なのか評論家なのか、伊藤某とかいう人が
「20年後」と言ってたらしい。

日本が日本じゃ無くなる時の話ね。中国の一自治区になっているということ。この掲示板に
俺の見込みは既に書いているけど、その日本存続悲観論者を自認している俺の見込みが更に
甘いのだな、というほどヤバい事態が日本には差し迫っている。それは間違いないのだが、
世論の現状を見る限り、俺にはどうしようも無いし、ほぼ諦めている。

日本の未来はグローバリストやアナーキストには天国だね。俺はナショナリストなので地獄だが
何度も言うように、野垂れ死ぬまで気楽に生きてやる。
 

産経新聞(編集あり)

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月15日(日)12時23分40秒
返信・引用 編集済
  学校法人加計学園の獣医学部誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事が13日、取材に対して語った。(今仲信博)

 今回問題となっている県職員が作ったメモにある「首相案件」という言葉、柳瀬唯夫元首相秘書官が「使うわけがない」と
コメントしているのだから、使ってはいないと思う。ただ、国家戦略特区を認定する諮問会議の議長が安倍晋三首相だから、
それらしい言葉は出ていたのかもしれない。
 仮にそうだとしても、最後は首相が裁くという意味で使ったのでは。鬼の首を取ったように騒ぐことではないし、首相に
結びつくような話ではない。言葉が独り歩きしてしまっている。野党や一部メディアは「加計ありき」に結びつけたい。
 しかし、メモは書いた本人の記憶。普通は10日ぐらい前の話を思い出しながらダイジェストでメモを作る。
 首相案件という言葉は、役人は普通使いません。首相や大臣の「マター」というような言葉はよく使う。今回の場合、首相が
最後に裁くという意味でのマター。推理だけを言えば、首相マターというのを首相案件とメモにしたのかもしれません。
 今回メモが出てきて、国が地方を信用しなくなるのでは。愛媛県は何でも外に出すと思われると、国の対応は不親切になる。
元々は説明するための材料だったのに、やりとりしたメモが外に出るようでは、信用してもらえなくなる。
 愛媛県職員は、みんな真面目です。一生懸命アヒルの水かきでも何でもやる。獣医学部を誘致するためには、色々なことを
訴えたのだろう。ただもし官邸に行って話をつけるなら、部長や副知事ぐらいが行かないといけない。課長らが官邸を訪問した
という今回のケースは、手続き論かと思っている。国側が知恵をつけるということぐらいはあったのかもしれない。登山に
例えるなら、構造改革特区という登山口は厳しいけれど、国家戦略特区という登山口がある。民間議員が一生懸命道を開こう
としているから「こっちの方が登りやすいよ」とね。登山口を教えたというだけで便宜をはかったというのは、どうかと思う。
 私が官邸側の人間だったらやりますよ。愛媛県は内閣府に何回も蹴飛ばされてかわいそうだと思って助言するでしょうね。
農林水産省と文部科学省が日本獣医師会の意向を受けて愛媛県の申請をはね返しているのだから。それならば、登山口を
知っていながら教えない方が不親切だ。
 私は平成25年5月と10月の教育再生実行会議の場で、首相に四国での獣医学部新設を要請した。固有名詞は出さずに、岩盤
規制でできない、何とか再生会議の提言に入れてもらえないか頼んだが、首相は興味なさそうな顔で聞いていた。
 私が発言したから、愛媛県は獣医学部新設のために頑張っているというようなことは頭に入ったかもしれないけれど、
(首相の関与があったなら)あんなに無反応なのは、よほどのポーカーフェースだと思う。その後、内閣府からは申請を
断られている。首相がちょっとでも関心があったなら、あんな反応にならないと思う。
 野党や一部メディアは、加計学園の岡山理科大獣医学部が開学しちゃって攻め手を失ってきている中、首相案件というメモが
出てきて、叩くのにいい材料が見つかったと思っているのかも。防衛省日報問題、森友学園の財務省決裁文書改竄問題、そして
今回のメモの3点セットで文書攻撃をやるにはいい材料だという考え。憲法改正を阻止するためのくだらん攻撃ですね。
最後の悪あがきです。だが、メモは職員が備忘録的に作ったものであり、公文書ではない。
 一国の政党の代表が、文書で首相案件だなんだと、あほらしくて予算委員会も見ていられない。世界はめまぐるしく動き、
日米首脳会談を控え、北朝鮮問題もある中で、やれメモが出てきただの、これが正しいだの…。まるで、ばかばかしい漫画を
見ているようだ。

http://

 

ゆく川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月15日(日)12時02分19秒
返信・引用
  その通り。

だが、日々の生活を平穏に送って死ぬまで生きられるか。それは分からない。
だから野垂れ死ぬまで、と言ってみた。
 

ひとえに風の前の塵に同じ。

 投稿者:そうま  投稿日:2018年 4月14日(土)22時45分26秒
返信・引用
  誰が何をしようが、何を成し遂げ、何を失ったかなんてのは、死んでしまえば灰になり消えて行くのみ。思い出なんてものは、現在に上書きされるだけ。
そんなことを、父が亡くなったことで思い知った。

だから、ただ日々の生活を送れればそれでいいとおもう。
 

なんかもうどうでも良くなってきた

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月13日(金)23時49分44秒
返信・引用
  どうせあと40年もすれば死ぬし、関係ねーか。野垂れ死ぬまで気楽に生きることにする。
 

誤解無きよう

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月11日(水)00時13分55秒
返信・引用 編集済
  時論公論は加計でも森友でも無く、国の借金が国民一人当たり700万円だって言ってたのさ。
馬鹿か。そんな使い古されたウソをいまだに言っているのか。財務省の犬めが。ってことです。

ついでに、

朝日新聞(だったかな?)は、安倍政権と財務省の仲が悪いって正直に白状していた一方で、
佐川が安倍政権を守るために犠牲になった、とか矛盾したことを平気で言ってた。
仲が悪いのにどうやって自己犠牲の精神を証人喚問の場で発揮するのかね?正直に
「安倍が全部悪い」って言えば良かったよね。そうすりゃ安倍政権終わって、あとは
財務省の犬しか残らなかったのに。石破とか小泉とか岸田とかさ。

メディアは国民を馬鹿にしてるんだよ。だから平気で矛盾したことを併記する。(ダジャレでは無い。断じて。)

ホントもうダメだよこの国は。マジでさようならだよ。
 

イチイチくだらない

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月10日(火)23時59分39秒
返信・引用
  加計、森友、全部くだらない。倒閣運動してるだけ。誰も日本の未来なんて考えてない。
もう死ねよ日本。いいよ。どうせ俺には日本を変える力は無い。子どもがいなくて幸いだった。

子持ちのみなさん暴言してしまいました。ごめんなさい。だけどそれぐらいやるせない。
今日の時論公論がとどめだ。終わってるよNHK。ひいては日本も終わってる。さようなら。
 

なんだろ・・・

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月 4日(水)01時08分51秒
返信・引用
  本気で安倍夫妻が関与していたと思ってるのか?いや、違うな、これは雑誌の記事だ。

冷静に考えて、安倍が森友学園に便宜を図って彼にどんな得があるの?一国の総理が一地方の
使い勝手の悪い土地を8億円値引きしてあげてホッコリするのか?馬鹿じゃ無いんだからさ。
安倍の懐に8億円入ったってんなら大問題だが・・・

そもそも道を挟んだお隣の野田中央公園を格安で譲った話は何で出てこないの?全く理解不能。
複数の新聞社の本社建設用地が何故か格安で払い下げられている事案についても、何故
どのメディアにも取り上げられないの?ってそれは当たり前か。当事者が自らの不利になる
案件をわざわざ取り上げるわけないもんな。

放送法4条撤廃問題も安倍を絶対悪に仕立て上げることで阻止しようとしている汚い奴らだもんな。
 

ガンバレ大阪高検!!

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 4月 3日(火)23時58分27秒
返信・引用 編集済
  大阪の事件捜査の顔」が大阪高検に就任、森友学園問題で忖度する気はゼロ
(編集いっぱいしてます。そして途中、注釈入れます。)

 刑事訴追の恐れがあるとの理由で証言拒否を繰り返す一方、首相夫妻や官邸の指示は全くなかったと断言。
その様子は1年前、理財局長時代の国会答弁のデジャヴのようだった。(注:実際無かったんだから仕方が無い。)

 森友学園への国有地売却に絡む文書改竄の責任者として国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏。衆参両院での証人喚問では何も
解明されなかった。涙目で泥舟をこぐ佐川氏は寄りかかる大樹を探しているだけで視線の先に国民は映っていない。

 野党は首相夫人や夫人付政府職員谷査恵子氏の証人喚問を今後も求める方針を確認し予算委員会の集中審議の開催も求めて
いるが与党は応じない姿勢。4月中旬には安倍首相が訪米してトランプ大統領と会談、5月には日中韓首脳会談と訪ロしての
プーチン大統領との会談と、外交日程が続く。

 しかしそもそも改竄前の文書が広く周知されたら、首相夫妻や官邸が売却に関与していたことを印象づける可能性が濃厚
だったからこそ、エリート官僚が刑事罰に問われかねない文書改竄に手を染めたのではないか。市井の隅々まで浸透している
この疑念は佐川氏の喚問でしぼむどころか、針先が触れたら破裂寸前にまで膨張してしまった。(注:改ざん前の文章が
広く周知されたら、首相や官邸の関与が無かったことが明らかになっていた。平気でウソを書くねぇこの人達。)

 佐川氏は法外に安い売却で国に最大約8億円相当の損害を与えた背任に絡む証拠隠滅容疑で告発され、(注:お隣の野田
中央公園のバーゲンセールには全く言及しないその姿勢、感服致します。)
捜査を進める大阪地検特捜部は近く佐川氏を
事情聴取するとみられている。だが、4月中旬まで後ろ倒しになりそうだ。そしてそもそも、特捜部と国税庁との密接な
関係性を危惧する声もある。(注:特捜部と国税庁、なるほど、なおさら安倍は関係無い。)

「経済や汚職事件など特捜の捜査の端緒は国税局からもたらされることがほとんど。実際に大阪地検特捜部と大阪国税局では
毎月『勘案協議会』という会議があり国税側から刑事告訴予定の案件の一覧表を渡して日程調整も含めた検討会をする。
特捜部から出席するのはエリートで、専門知識を身につけた財政担当検事と事務官のコンビです」(司法ジャーナリスト)

 打合わせも兼ね食事や酒席も共にするので連係もスムーズになるが、捜査の対象が前国税庁長官とあれば、それこそ忖度で
矛先が鈍りかねない。しかし、2月末に就任したばかりの大阪高検の上野友慈検事長は大阪地検で検事に任官、特捜時代は
イトマン事件なども手がけ、大阪地検検事正も務めた大阪の事件捜査の顔だ。連日部下に発破をかけ士気が高まっている。

「神戸、京都、和歌山の各地検からも検事や事務官の大量応援を受け、財務省本省職員の調べは東京で行っています。同時に
職員のメモからPCのHDに至るまで、近畿財務局や本省の職員からは徹底的に任意提出で証拠収集しているので、家宅捜索に
頼る必要がないほど。事情聴取に呼ばれた佐川氏が証人喚問のような調子でまともな調書も取れないようなら、早々に身柄を
拘束して強制捜査に切り替えるでしょう。遠慮する気配はゼロです」(注:大いにやってください。応援してます。それで
安倍夫妻や官邸が関与していないことが証明されたら、今度こそ諦めてくださいみなさん。)


 大阪地検特捜部は8年前、自らが証拠品改竄事件で当時の幹部ら検事3人が逮捕され、検察の威信を失墜させた。証人喚問で
払拭できなかった国民の疑問を解明することでしか、信頼回復の道はない。(大平誠/村上新太郎) AERA 2018年4月9日号

http://

 

今日の時論公論は酷すぎだ

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月30日(金)00時35分17秒
返信・引用
  道徳教科書問題を取り扱っていたのだが、そこに何故か「前川授業問い合わせ問題」が出てきて、
道徳云々を語っている文科省がそういうことして良いのか?的な事を解説員が言い出した。

はぁ?前川は天下り斡旋でクビになったの。で、出会い系バーにも通ってたの。分かる?
前川喜平っていう人はね、道徳的に問題になった人なの。そんな人が学校で講演したの。

なんかもうお笑いだよNHK。どうなってんだ。受信料払うのが馬鹿らしくなってきた。
 

要はこういうこと

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月22日(木)00時16分44秒
返信・引用 編集済
  テレビ局の電波利用料は携帯キャリアの11分の1  文=渡邉哲也/経済評論家  所々編集有り。毎度済みません。


 海外では行われている電波オークション、日本においては頓挫している。そしてその為大きな利権が生まれている。
たとえば、テレビ業界は電波利用料に関して大きな優遇を受けている。

 公共財である電波は、総務省が事業者に割り当て事業者は電波利用料を支払う。しかしテレビ局の電波利用料は携帯電話
会社と比べて安すぎることが、以前から問題視されている。総務省の「電波利用HP」によると、電波利用料の負担額
(28年度)は「携帯電話、BWA、PHS事業者」で、NTTドコモが約208.54億円、KDDIが約136.51億円、SBが約167.81億円
と、大手3社だけで512億円以上を負担している。

 一方、「地上テレビジョン放送事業者」を見ると、NHK約22.21億円、日本テレ約5.14億円、TBSテレビ約4.92億円、
フジ約4.69億円、テレ朝約4.86億円、テレ東約4.7億円、NHK民放5局の合計は46億円強だ。前述した大手携帯キャリア3社の
約11分の1の水準である。

 一番負担額が大きいNHKとドコモをくらべても、NHKの負担額はドコモの約9分の1。放送事業者の方が通信事業者よりも
負担料が安いのは、放送の公共性が認められている為だが、その割には放送法に抵触するような偏向報道や宣伝まがいの
情報紹介なども見受けられるのが実態である。

 また、NHKは民放各局と比べて1ケタ違うため、一見すると巨額な負担をしているように見える。しかし、これは衛星放送
などチャンネル数が多く全国を網羅しているためであり、特段に負担割合が大きいわけではない。

 現在、電波の割り当ては一種の随意契約になっているが、入札制度にすることで利用料の適正化を図るとともに新規参入を
促進するというのが、電波オークションの導入意義だ。

 困るのは、既得権益を失うことになるテレビ局だ。そのため、電波オークションの導入をめぐっては、テレビ局を中心と
したメディアが大反発することが予想される。現時点で必要なのは、まず将来的な導入を決定することだろう。

http://

 

酷い記事をまた発見。貼ろう。

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月21日(水)23時52分35秒
返信・引用 編集済
  首相、批判的報道に不満か…放送事業の規制緩和 読売新聞 2018/03/17

 安倍首相が目指す放送事業の見直しは、放送法4条などの規制の撤廃が目玉となる。背景には、首相に
対する批判的な 報道への不満があるようだ。
 今回の規制緩和は、AbemaTV代表されるような「放送法の規制がかからないネットテレビ」(首相)
などの 放送事業への参入を狙ったものだ。首相は衆院選直前の昨年10月、AbemaTVで1時間にわたり
自説を述べた経緯もある。
政治的中立性の縛りを外せば、特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない。ネット事業者
などに放送事業の門戸を開放すれば、地上波キー局をはじめとする放送事業者の地盤沈下につながる。首相の
動きに、放送業界は「民放解体を狙うだけでなく、首相を応援してくれる番組を期待しているのでは。政権の
おごりだ」と警戒を強めている。

この記事の何が酷いかといえば、今まで公共の電波をただ同然で独占してきた民放テレビ局の利権を安倍が侵害しようと
していると難癖を付けているという所だ。実際、民放の利権を侵害することは間違いない。ただ、これは健全な方向性だよ。
間違っているのは放送業界の方。電波オークションでも始まろうものなら大打撃だからね。

まぁ、これで安倍は全マスコミを敵に回したワケだが、この記事は読売新聞の記事だと言うことがその証左と言える。
いよいよ崖っぷち安倍政権。これで倒れるならばそれまで。しかしまた這い上がってくるならば応援しよう。

http://

 

国会中継を少し見ていたら

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月19日(月)12時03分22秒
返信・引用 編集済
  民進党がまた馬鹿なこと言ってたよ。質問者が誰だったかど忘れした。

森友の集中審議だったのだが、何故か文科省が天下り出会い系前川の講演内容を問い合わせた
っていう問題について質問しだしてなんだかなぁと思ったのだが、その中身もなんだかなぁ
だった。概要は以下の通り

民進党「ある自民党議員が文科省に講演内容を問い合わせたらしいけど、何でこんなこと
    させたんだ。総理答えて」
文科省「お答え致します。前川は天下り出会い系なので何話したか心配だから聞きました。
    ちなみに文科省の独断でやりました。」
安 倍「聞いてないから分からない。文科省の担当が答えた方がいいから答えさせました。」
民進党「聞いてないじゃねーよ。まぁいいや。今回何故こんなまねをしたのか、それは前川が
    講演をしたから圧力でお前らがやらせたとしか思えない!これは大変な問題だ!」

うーん、前川が講演したから独断で問い合わせたってしっかりはっきり文科省が言ってたのに
聞いてなかったのかな?理由もちゃんと、「天下り野郎だから」って言ってたよ。
それだとダメなのかな?俺にはちゃんとした理由があって問い合わせたって理解できるけど。

それにしてもなんでこう、安倍が絡むと周りの悪人が善良な人間に早変わりしてしまうのか。
天下り斡旋を主導していた元事務次官って、普通は巨悪の根源みたいな扱いを受けるモノだと
思うが、そんな彼も今や権力と戦う正義のヒーロー。凄い世の中だよ。出会い系通いもマスコミは
今や完全スルー。貧困調査っていう彼の弁明をそのまま信じているらしい。
 

あと一つ書いておこう

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月18日(日)00時25分23秒
返信・引用
  天下り出会い系前川が色々言ってるみたいだが、お前アホか。
出会い系に通って天下り斡旋してた奴が学校で講演だぞ。

文科省が問い合わせたところで、ある意味それは当たり前のことなのではないかと思うがな。

あとな、佐川にくだらん助言してんじゃねーよ。
 

かなり削った長い記事を更に要約すると

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月18日(日)00時19分58秒
返信・引用 編集済
  ・財務省は大蔵相時代からクソだ。
・デッカい組織は官民問わず腐るモノだ。

って事かな。まぁ財務省は安倍のせいにして乗り切りたいだろうが、はたしてどうなるか。

個人的には財務省解体を希望しますが。
 

また興味深い記事を発見。貼ろう。

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月17日(土)22時54分33秒
返信・引用 編集済
  大蔵省時代にも前科あり、「忖度と改ざん」は財務省伝統の悪癖だ  ダイヤモンド・オンライン 窪田順生

ヒトラー安倍による恐怖政治が財務省を不正に走らせたという見方も根強いが、大蔵省時代にもインチキ行為前科がある

財務省が自ら改ざんはあり得ない、圧力があったはず。そんな見方も多くあるが、実は27年前に起きた証券スキャンダルでも、旧大蔵省はインチキ行為を行った。ズルをするというのは、財務省という組織に染み付いたカルチャーなのではないだろうか。

マジメな財務官僚がなぜ暴挙に出たのか

 財務省の不正が次々と露呈して、官邸、政権が窮地に立たされている。国を思い、規律を守る官僚が、自分から公文書の
書き換えすることなどあり得ない。きっと首相や官邸がすさまじい圧力をかけて、改ざんをさせたに決まっている――。
 マスコミや野党のロジックはこんな感じだが、これまで多くの不祥事企業を間近で見てきた経験から言えば、
かなりバイアスのかかったものの見方だと言わざるを得ない。
 かばうわけではない。ここまでくると、安倍首相が佐川氏を呼びつけて、「わかってるよね」などと忖度を要求した
可能性もゼロではないので、ぜひ徹底的に調査をしていただき、もしそうなら さっさと退陣に追い込んでいただきたい。
ただ、ストーリーありきの追及は問題の本質を見誤って危険だ。何故なら、「マジメな人々」がありえないような杜撰な
インチキをおこなうという構造は、実は「組織不祥事」のお約束だからだ。

90年代の証券スキャンダルでも大蔵省は虚偽答弁をした

 たとえば、三菱マテリアルや神戸製鋼などのデータ改ざん問題も、経営陣がいちいち現場に圧力をかけたわけではない。
マジメな現場の技術者たちが、経営陣の思いを忖度して、作業量やコストを削減するため自発的に不正に手を染めていたのだ。
民間と役所は違うと言う人もいるが、定年まで骨をうずめるムラ社会で周囲と衝突せずに生き抜く人が「仕事ができる人」と
されているという意味では、官僚もサラリーマンもそれほど大差はない。
 つまり、多くの企業不祥事が組織の体質によるものである以上、今回も財務省の体質を考慮に入れなければ、感情的な
責任の押し付け合いに終始し、根本的な問題解決に至らない。なぜかというと、実は財務省の体質を考察していくと、
国会の答弁に合わせてズルするというカルチャーが骨の髄まで染み込んでいることが、確認されるからだ。

 1991年6月、証券会社が大口顧客に対し総額約2164億円の損失補填を行っていたことが明らかになり、大きな社会問題と
なった。いわゆる証券スキャンダルの1つだ。当然、国会では大蔵省がどういう指導を行っていたのだと厳しい質問が
浴びせ られた。そのなかで、準大手の証券会社の補てんについて、大蔵省の担当者はこのように答弁をした。
「90年3月末までに自主的に報告をしていたのは6社」
 だが、これは今回の佐川氏の答弁と同じく真っ赤な嘘だった。このうちの1社が報告したのは4月11日、もう1社も4月に
入ってから数回に分けて報告をしていたのだ。

「規律を重んじればこそ」インチキに手を染める

 のっぴきならない虚偽答弁だが、そこは霞が関最強のエリート集団である。虚偽にならぬよう答弁直前に我々凡人では
とても思いつかないような「奇策」に出ていたことが、「日本経済新聞」の取材で明らかになっている。
「大蔵省はことし七月上旬に、この報告日時を同じ昨年の三月三十日付だったこととし、記者会見をする場合も三月中だった
と説明するように指導していた」(日本経済新聞1991年10月2日)

 要するに、答弁が虚偽にならないようにうまく口裏を合わせておけよ、と証券会社に「忖度」を要求していたわけだ。
 そう聞くと、理解に苦しむ人も多いかもしれない。4月も3月もたいして違いはないじゃないか。国のために仕事がしたい
という立派な志を抱き、規律を重んじるマジメな大蔵官僚が、なぜこんな危ない話を渡るのか、と。
 だが、こういうインチキ行為に手を染めてしまうのは、「規律を重んじるマジメな官僚」だからなのだ。

 そのあたりを端的に解説した「日本経済新聞」の解説を引用させていただこう。
『わずか二週間程度のことながら、三月末としていた報告のずれ込みを認めると、大蔵省の証券会社行政の甘さを指摘され
かねない。「国会答弁との整合性をとるための指導だった」と関係者は受け止めている』(同上)
 我々一般人の感覚では、報告のずれ込みを叩かれることよりも、監督する民間企業に「嘘」を強要してバレることの方が
はるかに大問題だが、当時の大蔵官僚からすれば、まったく真逆の発想だったのだ。

パワハラも改ざん体質も上司から部下へ受け継がれる

「ミスの許されない組織」のピラミッドを駆け上がっていくはずの上司が、国会というアウェーな場所でボロカスに叩かれて
失脚するというのは、官僚人生の「死」を意味し、何をおいても避けるべき結末であると、官僚たちは捉える。
それに比べれば、少しくらいの嘘の方がマシ。エリートとして研鑽してきた事務処理能力と調整力でどうにか乗り切れる、
とタカをくくっていたのだ。 こういう大蔵省のカルチャーを知ると、今回の「改ざん」もマスコミで報道されていることとは、やや異なる見方にならないか。
 佐川氏の答弁に合うように理財局の一部職員が文書内容を変えていった、という麻生氏の説明では納得がいかない、と
評論家などは腹を立てるが、現に答弁に合わせて、民間企業に嘘をつけとまで言った過去がある。
 外部の人間にここまで無茶苦茶なオーダーをする組織なら、内部の人間、しかも本省が「下」に見ている地方支分部局の
職員に「汚い仕事」を強いても、何の不思議もないのだ。
 安倍政権をかばいたいからって、そんな昔の不正と結びつけるな!と怒声が聞こえてきそうだが、三菱自動車のように何度も
同じような不正を繰り返す企業があることからもわかるように、組織体質に「時間の経過」はあまり関係がない。パワハラ
上司の自己正当化ロジックが、「俺の若い時はこれくらい当たり前」という類のものにだいたいなるなることからもわかるが、
組織人は往々にして自分が昔体得した仕事の進め方・慣習に固執し、それを良かれと思って後継者たちへ伝承させていく。

 罵声を浴びながら一人前になった者は、かわいい後輩であればあるほど声を荒げる。不眠不休で働くことで組織内の地位を
得た者は、同様の苦労のできる後輩を見て誇らしげになる。これが日本企業でパワハラがなくならない理由である。
 このような負の連鎖は「不正」も同様だ。つまり、1991年当時、大蔵省内で当たり前のように蔓延していた「国会答弁に
合わせてズルをする」というカルチャーも上司から部下へ、その部下が上司になって再び部下へというサイクルで、
パワハラのように「悪しき伝統」として受け継がれている可能性があるのだ。

佐川氏は安倍首相に忖度し部下たちが佐川氏に忖度した

 いずれにせよ「国会答弁に合わせてズルをする」という不正体質が大蔵省時代にもあったのはまぎれもない事実であり、
1982年入省の佐川氏も、そのカルチャーの中で出世の階段を登っていった1人だ。そう見ていくと、今回の「改ざん」と
「忖度」は“あり得ない話”には思えない。
 まず安倍首相が昨年2月、森友学園を巡る土地売買に関して「私も妻も関与していない。関与していたら首相を辞める」と
答弁をした。こうなると、若い時から「国会答弁に合わせてズルをする」というカルチャーが骨の髄まで染みついている
佐川氏はどうするか。おわかりだろう、安倍首相の答弁に合わせて発言するという「ズル」をするのだ。
 部下たちは慌てたに違いない。局長が明らかに事実と異なることを言っている。しかし、先ほどの事例を 見てもわかる
ように、局長に恥をかかせるのは民間企業に嘘をつかせることよりも重い罪。持てる能力を総結集して避けなければいけない。
 ではどうするか。答弁はもう動かせないので、動かすのは決裁文書しかない。それは、文書作成にあたった近畿財務局の
職員たちに「嘘」を強要するという意味でもある。つまり、26年前に大蔵省証券局が証券会社らに行った強要と全く同じ
ことが、地方支分部局へ向けておこなわれた可能性があるのだ。
 ここまで述べた“前科”に加えてもう1つ、筆者は財務省に隠蔽体質をはびこらせている原因があると考えている。
旧大蔵省という組織に骨の髄まで染み付いていた、「社会主義」である。

大蔵省時代に培われた計画経済的発想が不正を招く

 実は戦後日本の金融政策は旧ソ連からモロに影響を受けた「計画経済」という考えに基づいて進められてきた。為替、税制、
金融機関への厳しい統制、護送船団方式など、あらゆることが大蔵官僚の計画と統制のもとで進められなくてはいけなかった
ので、いつしか「金融社会主義」などと揶揄されるようになった。
 この構造が日本の金融をダメにしていると指摘してきた日本経済新聞も1990年代、社説などで厳しく批判した。だが
この傾向は財務省となった今もまったく改まることは なかった。「とにかく我々の計画どおりに消費増税を実行せよ!」
と突き進んでいるのがその証左である。
 社会主義的思想の強い組織は、不正や改ざんがはこびりやすい。このような組織は何事も「計画経済」という目標ありきで
物事を進める。そして、計画と実態の齟齬が生まれることを極度に恐れ、経済統計の操作や文書改ざんなどの「辻褄合わせ」
が常態化して、「大義の前には不正も やむなし」というモラルハザードが引き起こされるのだ。そんな馬鹿な話があるかと
思うかもしれないが、旧ソ連の流れをくむロシア社会の最近の「改ざん」に対する意識をみれば笑っていられない。

「独立系の調査会社による4月の世論調査では、7割近くが国益や安全保障のための報道規制は必要と答え、3割が情報改ざんもやむなしと回答した」(日本経済新聞2015年9月20日)

 ロシア社会には社会主義国家時代の「辻褄合わせ文化」が今も受け継がれている。「金融社会主義」を実践していた
大蔵省の流れを汲む財務省という組織の構成員たちの間に「辻褄合わせ文化」が継承されていても、何の不思議もないのだ。
 ならば、財務省に「国益のためなら改ざんやむなし」という思想が根付いてしまったのは、大蔵省時代に「金融社会主義」に
傾倒したことの「副作用」という側面はないだろうか。
 今回の「国会答弁に合わせた改ざん」は、26年前の「国会答弁に合わせたズル」のリバイバルなのか。それとも、
野党やマスコミの主張するように、ヒトラー安倍による恐怖政治の産物か。今後の調査報道に注目したい。

http://

 

俺たちは歳をとったということだ

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月16日(金)12時03分6秒
返信・引用 編集済
  BABYMETALのバックバンドのギタリストも死んだって話だよね。まぁ彼は事故だけど。
俺たちもいつ突然死ぬか分からない。特に俺は定期検診も全くしないから突然死ぬよ。たぶん。

それはともかく、長々と投稿した記事、ポイントは

・佐川の辞任は政権の不祥事を佐川に押しつけたトカゲの尻尾切りでは無い。
・佐川の昇進は既定路線でありご褒美人事などでは無い。
・政権と財務省は仲が悪い。政権はむしろ経産省と一蓮托生。
・財務省は生き残りのために官邸、政権を貶めに掛かるだろう。

というところかな。朝日新聞あたりが報道している感じとはまるで異なることが書いてある。
だから興味深かったのさ。

 

知らないうちに

 投稿者:そうま  投稿日:2018年 3月16日(金)09時41分6秒
返信・引用
  スレイヤーが、ファイナルツアーとかいってるんですが。グレン・ティプトンも病気でプリーストやめたし。みんな高齢化なんだな。もしかして一番若いのって、ベビメタなの?。  

面白い記事があったので大幅に編集や抜粋をしてここで紹介しよう。

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月15日(木)20時22分59秒
返信・引用 編集済
  森友問題・佐川氏辞任で財務省は官邸と経産省に「反撃」を始める

ダイヤモンド・オンライン 室伏謙一 2018/03/13

3月9日、佐川宣寿国税庁長官が辞任。財務省は森友問題で窮地に立たされたどころかむしろ身軽になったように見える。

佐川国税庁長官の辞任は“詰め腹”を切らされたというわけではない

 佐川宣寿氏が長官の職を辞任した。その理由として
(1)理財局長時代の国会対応において丁寧さを欠いていおり混乱をもたらした
(2)行政文書の管理について多くの指摘を受けた
(3)いわゆる「決裁文書」について管理不行届きがあった
 以上3点が挙げられている。

 あくまでも辞職であり、懲戒免職処分ではない。また、佐川氏は単に辞職だけではなく、3ヵ月減給という懲戒処分も
受けている。しかしこれは在職者を前提とした処分であり、辞職とは別のもの。従って佐川氏に退職金は支給される。

 要は今回の辞職はあくまでも本人の意思によるもので、減給処分についても何かせざるをえないのでやった処分といった
ところであり、引責のようで引責辞任ではない。つまり森友問題や「決裁文書」を巡って詰め腹を切らされたわけではない。

財務省は佐川長官辞任で身軽になり官邸や経産省に反転攻勢!?

 佐川国税庁長官を、辞任という形で財務省から切り離し、ある意味で逃がして財務省は身軽になったように見える。では、
その財務省がこれから何をすることが 想定されるか、一言でいえば反転攻勢でありその矛先は野党ではなく、官邸であろう。

 安倍総理夫妻と籠池氏との関係や、「総理の御意向」を忖度した国有財産の大幅値引きといった ことが当初問題の核心と
された。しかし国会質疑での答弁者が財務省理財局長になると、追及の集中砲火は彼に集まり、いつの間にか“財務省の
虚偽答弁疑惑問題”にすり替えられてしまった。

 その答弁を中心的に担当したのが佐川氏であり、定期的かつ通常の人事異動であるにも拘わらず 国税庁長官への昇任は
安倍官邸を守った“ご褒美人事”とされてしまった(直近の国税庁長官は 4代続けて理財局長からの昇任であり、過去にも
理財局長からという例は見られ、そうしたことからすれば特例的な人事でもなんでもないと言える)。

 かくして財務省は野党のみならず世論の批判の的にまでなったのだが、この状態が続けば森友問題は財務省の現場、つまり
近畿財務局の不正であると結論付けられ、担当職員や関係幹部職員に責任を取らせれば問題を収束させることが可能となる。
しかしれば財務省にとって組織を揺るがす一大事となり、地位の低下、影響力の低下は避けられない。

 それを望むのは他でもない官邸であり、その背後にいる経済産業省であろう。これまでも財務省と経産省は消費増税を
はじめとする様々な政策で対立してきた。歳出削減や税制適正化を志向する 財務省に対し、経産省はあの手この手で対抗、
官邸や内閣府等の重要ポストに出向者等を次々と送り込んだ。また、夫人付という不思議なポストにも経産省は出向者を
送り込み、森友学園等との中継ぎ役を担っていた疑惑が持たれたことは記憶に新しい。

 安倍政権の重要政策の中身を書いているのも経産省出身者である。要するに経産省は官邸を使って自分たちの政策を実現、というより各府省に押し付けてきたわけだが、それは経産省と安倍政権が一蓮托生であることを意味する。従って、現官邸に
矛先が向かうように仕向けられれば、経産省をその地位から引きずり降ろすことができる。
 森友問題をめぐる反転攻勢はその絶好の機会というわけである。

財務省に理解のある麻生大臣は是が非でも守らなければならない

 財務省はこれまで、売却価格を大幅値引きした証拠となる文書、改ざんの疑いがある決裁文書の原本の公開を、存否不明
として事実上拒んできた。ところが、佐川氏辞任の翌日、3月10日になって、文書の書き換えを認める方針を固めたことや、
決裁文書の原本の写しを提供可能との報道が出るに至った。そして、3月12日には文書の書き換えを認めた。
 これは、散々この問題で野党や世論の関心を引っ張るとともに安倍政権のイメージを低下させた上で、全ての真実を公表
することで一気に安倍政権にこれまでにないダメージ”を与える意図があってのことのように思われる。
 つまり、ずっと秘密兵器隠しておいて、今まさに発射ボタンを押そうというのである。しかしそうなれば、麻生大臣の
進退にも直結してくるのではないか。財務省に理解のある麻生大臣は、こちらも一蓮托生であり、引責辞任となれば、
却って自分たちの首を締めることになりかねない。従って、財務省としては是が非でも麻生大臣を守らなければならない。
そのためには、調べてみたら官邸の強い意向があり、現場の担当職員は半ば強制的にそれを汲んだ対応をせざるをえなかった、麻生大臣もあずかり知らぬことであった、といったように結論づける必要がある。
 そこに至らせるための全省を挙げての調査であり、ノラリクラリの対応での時間稼ぎであったのではないかと考えられる。
 もちろんそうはいっても、財務省は「まったくお咎めなし」ということでは、要らぬ反感を買うことになりかねない。
従って、強い意向や強制があったとはいえ不適切な行為であったとして一定の幹部職員等に対して処分は行われることが
予想されるが、財務省の屋台骨を揺るがすほどのものにはならないだろう。
 一方、野党のみならず与党内からも財務省の対応を非難する声は上がっている。国会が空転したことによるものであるが、
第2次安倍政権になって以降、官邸で決められたことを有無を言わさず押し付けられてきた自民党側としては、
与党である以上直接的な批判はしにくいものの、絶好の反論の機会と捉えたとしてもおかしくはない。

「モリ・カケ疑惑」への対応を受けて昨年の自民党内は「ぐちゃぐちゃ」

 昨年のいわゆる「モリ・カケ疑惑」への対応を受けて安倍政権の支持率が急落して以降、自民党内は「ぐちゃぐちゃ」と
言われるような状況になり、昨年の衆院選を経てもまだその状況は程度の差こそあれ続いてきたようであり、まさに
「昨年の状況の再来」といったところにまで行く可能性はある。
 加えて、ポスト安倍を見据えた派閥間の撃ち合いも断続的に続いており、不規則に出る閣僚や与党議員のスキャンダルは
まさにその象徴である。そうなると、財務省批判に形を借りた官邸批判のみならず、伸張する麻生派への絶好の対抗策
としての財務省批判といったものも出てくる。この段階での佐川氏の国税庁長官辞任は、こうした動きをもすり抜ける、
絶妙なタイミングを狙った、まさに「時宜」にかなったものであったように思われる。

 以上、筆者の得ている情報等に基づく推論であるが、森友問題を巡る状況は霞が関内の対立と与党内の小競り合いが
絡み合ったものであり、野党はそこに乗っかっているか振り回されているといったところである。政権に対する大きな
打撃になり、今後の重要政策の在り方も変わってくるものと予想され、今後の進捗はいろいろな意味で要注意である。

http://

 

プライムニュース

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月15日(木)19時49分15秒
返信・引用 編集済
  これは良い番組だと思う。

報道ステーションみたいに左側の人達ばっかり呼んでひたすら政権批判とかやらないし
朝まで生テレビやNHK日曜討論みたいにブツ切りのクロストークで視聴者を不快にさせないし
何よりキャスターの反町理が突っ込むところは突っ込み、引くところは引く。
ゲストにちゃんと喋らせて持論を聞くが、イエスマンにならず時折鋭いところを突いて
困らせたりもする。見ていて面白い。月~金2時間バッチリやるので俺もさすがに毎日は
見られないが、こういう番組はいいやね。地上波ゴールデンでやればいいよ。

どうせフジテレビは落ち目なんだし地上波ゴールデンで報道番組とか思い切ったことやりなよ。
まぁBSではあるけどゴールデンでやっているから、その点は褒めたい。

そういや、プライムニュースの後番組がまた面白いんだわ。「クイズ!脳ベルSHOW」
これも月~金の毎日やってる。何だよフジ。BSゴールデンは頑張ってるな。
 

5個前の俺の投稿で・・・

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月15日(木)19時33分54秒
返信・引用 編集済
  「ざまぁ!追及してきたからこうなったんだろうが。馬鹿ネトウヨざまぁwww」
と言ってる奴たくさんいるだろうって書いたが、実際そういうことを言っている人を
見た。なんとそれが立憲民主党の逢坂誠二だったからちょっとビックリ。いや、ビックリはしない。
ただお前が言うかぁ・・・国会議員のレベルが・・・・・まぁいいか。

BSフジのプライムニュースでニヤつきながらしたり顔でこんな感じのことを言ったんだよ。

「前にこの番組に出たときに視聴者からのメールで『いつまでモリカケ問題なんかに
かかずらわってるんですか?いい加減にしてください』みたいなことを言われましたが、
見てください、やっぱり大問題に発展したじゃないですか。」だとさ。

やっぱダメだなこいつら。と、思ったけどプライムニュースは面白いから最後まで見た。
ちなみにその日は前半後半で違うゲストが出ていて、前半は小泉純一郎が脱原発について
べらべらと話したいことだけ話して気持ちよく帰って行った。

色々話せて良かったねーおじいちゃん。もう出てこなくて良いからね~。
 

遊んでないで、仕事しろといいたい。

 投稿者:そうま  投稿日:2018年 3月13日(火)20時10分29秒
返信・引用
  あ、夜盗のことね。予算委員会でこんな問題に大騒ぎで、小学生すらおかしいとか思ってるよ。
さっさと本来の仕事に戻ってほしい。
 

過去の文書書き換え不祥事

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月12日(月)16時24分43秒
返信・引用
  民主党政権の2010年、厚労省東北厚生局の職員が、情報公開法に基づき開示した文書を
改竄し、減給の懲戒処分を受けた。当時、菅直人内閣の長妻昭厚労相は記者会見で謝罪したが、
辞任はしなかった。

で、今はその長妻が安倍と麻生に辞めろ辞めろと言っているワケです。面白いですねぇ。
 

忖度はギアス

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月12日(月)16時22分23秒
返信・引用
  あるニュースの記事にこうあった。

「~直属の財務相を飛び越え、菅官房長官、杉田官房副長官ら官邸が直接、指示するとは
考えにくい。省内のあうんの呼吸で実行されたとみるのが自然。安倍昭恵夫人を“忖度”
した結果、危ない橋を渡らされたのでは?」 ※週刊朝日オンライン限定記事より抜粋

だとさ。

つまり、直接指示できないから忖度させてやらせたんだってことだ。
忖度ってルルーシュのギアス並みに便利な異能力なんだね。こえぇ。
安倍や麻生が今後どんな説明をしようが「忖度を使っただろう!」と言われれば
もうどうにもならない。国会でまた無駄な時間を使われることは間違いない。

安倍1強ってやつで他の野党はのし上がれないからひたすら貶め貶め、自分らと
同レベルまで安倍政権を下げることで何とかしたいらしい。悲しくなる。

 

巨悪安倍晋三の前では、並の悪人は善人に変わる。

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月11日(日)20時37分53秒
返信・引用 編集済
  前川喜平 天下り問題で文科省を辞めたが、加計問題で英雄に。
籠池泰典 補助金詐取で逮捕されるも後の言動がマスコミから何故か信用され再三取り上げられる。
厚生労働省 杜撰なデータを国会で首相に答弁させる大失態を犯しながら何故か同情され擁護される。
財務省 森友問題で大問題が発覚したが、何故か彼らも犠牲者だと哀れまれる。


 

もりかけ問題

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月11日(日)12時09分10秒
返信・引用 編集済
  いつまでやってんだよ、さっさと他の問題をやれよと常々言ってきた俺のような人間に対して、

「ざまぁ!追及してきたからこうなったんだろうが。馬鹿ネトウヨざまぁwww」

と思う人達はかなりたくさんいると思う。でもそいつらが口をそろえて言うのは

「ほら見ろ、やっぱり安倍が関わっていたじゃないか。」

って事なんだよな。そこで全く論点をずらしてくるから話にならない。あくまで財務省の
不祥事が発覚したってことに過ぎないのに「安倍唯一絶対悪魔」思想を押しつけてくる。

俺は事ここに至った今でも、安倍がこの件に直接関わるわけがないという考えは変わらない。
ただ、「忖度」はあっただろうね。それは間違いない。普段から仕事で俺は忖度するし
逆にされてもいるから。ここで「無い」と断言したらそれはウソだよ。当たり前の話。

そういう意味では安倍は国会答弁で嘘をついたことになるね。忖度は無いって言ってたから。

ま、いずれにせよ安倍政権は色々急きすぎたね。反省点はたくさんあると思う。
左巻きの人達を最初から敵に回してしまったことが最大の過ちだったねやっぱり。
 

本気で日本終わってきたな

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 3月11日(日)11時24分57秒
返信・引用 編集済
  財務省の今回のやつは確かに大事件だし、政権の責任は免れない。
だがもっと酷い問題は、「一連の官僚の不祥事は全部安倍のせい」
というロジックで話が進んでいると言うことだ。

冷静に考えて、こういった不祥事が今回だけだと思うか?安倍政権が発足してから
始まったことだと思うか?俺は思わないなぁ。

発覚したのは森友問題でしつこく野党が追及したから。そこは野党GJだ。そして野党が
しつこく追及した理由は安倍昭恵が関わったから。そして安倍が国会の場で自分で自分の首を
絞める発言をしたから。

で、今回のことになった。

野党は安倍の責任にして徹底的に追及するだろう。忖度ガー、お友達ガー
とか言って、お前がいるからこうなったんだと言わんばかりのことを言ってくるだろう。
彼らは日本の行く末なんてどうでも良くて、安倍を下ろせればそれで満足なのだ。

今回のことで安倍が辞めることは無いだろうが、万が一辞めたとしたら、官僚の不祥事追及は
ひとまずはこれで手じまいになる。官邸主導の官僚人事も制度として終わるだろう。
安倍を良く思わない官僚サイドってこれが狙いなんだよね。だから色々リークしまくってる。

いずれにせよ、日本の政治を停滞させるこんなことが続くなら、それこそ安倍は辞めれば良い。
お前がいるから政治が前へ進まないんだ。そもそもまだちゃんと下地を整えてもいない段階で
改憲なんて言い出すからバカ左翼共に付け入られることになった。

ただ日本は終わる。安倍がいなきゃ終わる、って事じゃ無くて、こういう感じで
日本の政治が進んでいくのなら終わる。以前も書いたがあと40年は持たないかも知れない。

残念なことです。ただ、財務省が解体してくれればうれしい。そこは期待したい。
 

全部安倍のせいにされる現状、危険だ。

 投稿者:くりはら  投稿日:2018年 3月 5日(月)21時47分16秒
返信・引用
  前政権、官僚、その他諸々の失態の全てが
安倍のセイダーズによって安倍のせいにされている
現状はヤバい。ある評論家はこう言ってた。

官僚の質が下がったのは確かだが、それは安倍総理
に忖度しなければ出世出来ない空気があるからだ。

はぁ?これ、日本死ぬわ。

安倍が辞めたらどうなんの?今度は誰のせいにして思考停止すんのかな?
 

明けた

 投稿者:kurihara  投稿日:2018年 1月 1日(月)11時55分7秒
返信・引用
  めでたいような、そうでもないような。
早々に何かが起こりそうで怖いよね。
 

基本俺も不参加だし別にいいんじゃね

 投稿者:kurihara  投稿日:2017年12月25日(月)14時43分13秒
返信・引用
  町田が行くみたいだから詳細が分かったら奴に教えてもらう。
メンツによっては行く可能性も微粒子レベルで存在するので。

今年も終わるねぇ。

日本が着々と後進国の道を歩んでいることが分かるような一年だった。
国会はモリカケばっかやって停滞してしまったし、財務省は日本を亡ぼすプロパガンダを
相変わらずやりまくってたし、不審船いっぱい来るし拉致被害者も救えないし、
北朝鮮はあんなだし。

東京五輪まで日本は無事でしょうか?
 

やっぱなし

 投稿者:そうま  投稿日:2017年12月21日(木)23時09分49秒
返信・引用
  1月13日の飲み会参加しようかとおもってたのでふが、無理と相成りました。申し訳ありません。  

Twitterの糞コメと変わらない俺のコメ

 投稿者:kurihara  投稿日:2017年12月11日(月)23時43分50秒
返信・引用
  ここだからまだマシなんだという免罪符を身に付けて、今日も糞コメを垂れ流す俺である。  

解せない

 投稿者:くりはら  投稿日:2017年12月11日(月)00時42分18秒
返信・引用
  絶対マネしないでください。

というテロップを入れておきながら
その行為をして人命を救った人物を礼賛するテレビ。
 

備忘録的に一言書いておこう

 投稿者:kurihara  投稿日:2017年12月 9日(土)00時04分21秒
返信・引用
  遺伝子レベルの話をしても、平気で差別差別言われる世の中。
天皇家もそう遠くないうちにフェイドアウトしていくでしょう。

ポリティカルコレクトネスとか?グローバリズムとか?世界は近々滅びますね。残念なことです。
 

ニュースチェック11とか見てると

 投稿者:kurihara  投稿日:2017年12月 8日(金)23時46分57秒
返信・引用 編集済
  Twitterのコメントのクソ具合がよく分かる。

ろくな知識も無いのに自分の感覚だけで刹那的にモノを語る。この掲示板も似たようなモノだが
ここで何を言おうがホントの自己満足だけで終わるのでまだマシかと俺は思う。

ところがTwitterってのは、いわゆるツイート拡散ってやつで、ドンドンどんどん拡がって
いってしまうからさ。お気軽に無責任に語るべきじゃ無いんじゃないかな。違うかい?

俺は昔はよく、自己主張が激しいから人と対立するんだよと言われていて、今もたまに
言われてるし、実際にちょっと言い過ぎたよなぁと反省すること今もしばしば、といった現状。

感情だけで刹那的にツイートしたは良いけど根拠も論拠も理論もありませーんってのは勘弁。
Twitter民は気をつけるべし。俺もこれから更に気をつける。
 

Re: 浅井から

 投稿者:くりはら  投稿日:2017年12月 1日(金)00時05分58秒
返信・引用
  > No.1625[元記事へ]

> 怪文書が廻ってきた。出る方向で行こうかと。

その怪文書って長濱が大元の例のやつかね?

俺はちょっと分からないから返事全くしてないわ。詳細分かったら流して。
 

浅井から

 投稿者:そうま  投稿日:2017年11月23日(木)21時54分38秒
返信・引用
  怪文書が廻ってきた。出る方向で行こうかと。  

特別国会

 投稿者:kurihara  投稿日:2017年11月14日(火)19時32分29秒
返信・引用
  加計問題、まだ追及するってさ。ゲンナリだね。問題があるとすれば、特区法という制度自体
なのであって、安倍首相個人がどうのこうのという事では無いと何度言っても誰が言っても
一部野党は聞く耳を持たないようです。

玉木(ん)さんよ、君も追及するのは良いけど、ご自分と獣医師会の癒着のご説明をちゃんと
してからにしなよ。山尾さんも、ご自分と「不倫相手」との・・・以下略。
 

最近全然投稿しない

 投稿者:くりはら  投稿日:2017年11月 8日(水)18時30分57秒
返信・引用 編集済
  それどころか俺自身ここに来なくなった。
そろそろやめるかな。政治経済外交などの持論とか、不満とか、色々ぶちまけたり
していたが、だからなんだよって感じだよな。

最近は本を読んで勉強している。最近読んでいるのは三橋貴明、高橋洋一、藤井聡、
上念司、青山繁晴あたりだな。勉強になるよ。ただ完全に左側にいる人や、完全に財務省の
ポチの本は読む気にならないのでパスしている。

そうそう、youtubeで「青山繁晴」と入れても検索出来なくなっている。
関連するチャンネルへ誘導するアイコンは出てくるんだが、本人が直接出る動画は
何故か引っかからない。でも「青山 繁晴」とスペースを入れると何故か引っかかる。
最近までそんなことは全く無かったのに不思議だ。何故だろう(棒)。

運営に申し立てればそういうことが出来るとか出来ないとか、聞いたことがあるのだが、仮に
出来るとして、「連絡がありました~はい了解!」ってすぐ検索できなくなるなんてことある?
どんな動画なのか、青山繁晴とはどんな人物なのか?って入念に審査されるだろ普通。

また、youtubeに彼の動画が無いなどということもあり得ない。
青山繁晴ってそこそこ有名人だよ。参議院議員だし、著書も多数ある。というか、
俺自身最近まで普通に彼の名前を検索ワードにして動画探して観てたんだしさ。

月並みな言い方だが、これは「裏組織の陰謀」だわ。こんなに身近に裏組織の陰謀を体験
できるなんて光栄だが、この世の中は実は怖いよな。滅多なこと言えない世界ってヤツだ。
まあ彼の本を読んだり言説を知っていれば、どこらへんの陰謀なのかは大体分かるが・・・。

何をバカなだって?嘘だと思うならyoutubeで検索してみて。そのうち解除されるかも知れない
けど、さっき検索したらまだ出来なかった。今のうちだ。
 

まあそうなのかもだけど

 投稿者:くりはら  投稿日:2017年10月17日(火)00時41分4秒
返信・引用
  いいたいことはいろいろあるけど
きょうはねむいからまたにしよう。
 

まあ、じみんしかないね。

 投稿者:そうま  投稿日:2017年10月14日(土)22時35分12秒
返信・引用
  あんまりようちなやとうにはいれられない。じみんしかないんだろうな。こくなんがちかづくというのにもりかけもんだいであそんでいるうごうのしゅうはむり。  

ちょっと困った事になった

 投稿者:kurihara  投稿日:2017年10月13日(金)23時48分9秒
返信・引用 編集済
  うちの選挙区の立候補者は3名。自民と立憲と希望だった。

自民と立憲と希望には絶対入れないって言ったのにこの有様だ。
さてどうするか・・・・・・・・。

絶対の絶対、確実に絶対間違いなく入れないのが希望と立憲。つまり・・・・

白紙って手もあるな最悪。まぁ候補者の詳細を見てから決めよう。
 

さて選挙モードに入ったが

 投稿者:kurihara  投稿日:2017年10月10日(火)22時30分31秒
返信・引用 編集済
  今回は自民には絶対に入れない。だが、民進にも立憲民主にも希望にも共産にも社民にも
公明にも絶対に入れない。じゃぁどこに入れるんだって話だわな。

最悪白紙だな。そんぐらい微妙な選挙戦になった。

というか、今まで自民に入れたことはほとんど無いんだけどさ。
と、言いながら、今この時期に安倍政権が退陣したら日本死ぬなとも思っている。

こういうのがジレンマっていうんだな。



ちなみに昔は必要悪だと思って共産に入れていたが、今はそんなことはしない。
若気の至りってやつだった。今は反省している。

 

/27