投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(*^-^*)

 投稿者:朝比奈憂魅メール  投稿日:2010年 2月16日(火)13時38分49秒
  ヒマヒマ~
誰か顔写メこうかんしよ~
heartlove.c0207@ezweb.ne.jp
 

失礼しました。

 投稿者:Okawa@風の十二方位  投稿日:2008年 8月 6日(水)07時17分9秒
  木許様

 大変失礼しました。
 読みやすい訳ですね。用語解説まであって、これから読まれる方には、とてもいい道しるべになりそうです。ありがとうございます。「The Origin of Snow」は小品だけれど、詩的な感じで、妖魔の悪の魅力がきらめいた素敵な作品だと思っています。


tri様

 メールでご連絡しましたが、レスが遅れて失礼いたしました。
 サイトの方がほったらかしですみません。そうですね、ずいぶん、リー作品も新刊も復刊もされたので、サイトのアップをします。

 それと、サイトの方も実はプロバイダーの引越し予定がありまして、それも告知する予定です。半年くらいは両方で開けておく予定ですが。

新しいサイトURL
http://www2.ucatv.ne.jp/~hokawa.sea/
 

OKAWA様、お久しぶりです

 投稿者:tri  投稿日:2008年 7月 9日(水)00時45分3秒
  こんばんは、大変ご無沙汰しております。
タニス・リー関連でリンクしていただいております
「東の荒野」の tri です。

リンク修正のお知らせがあり、
OKAWA様宛にメールをお送りしたのですが、戻ってきてしまいました。
ここに詳細を書くのもなんですので、
新しいご連絡先をお知らせいただければ幸いです。

こちらの掲示板、長らく書き込みがないようなので
このメッセージが届くのかどうか心配ですが……

http://www.ee.em-net.ne.jp/~folium/

 

はじめまして

 投稿者:木許慎  投稿日:2007年 6月27日(水)02時31分38秒
   初めまして。友人に勧められて「闇の公子」を読んで以来、タニス・リーのファンになってしまいました。木許と申します。
 「銀色の恋人」の続編が出ていたなんて……遅ればせながら、今日知りました。明日から早速、本屋巡りをしようと思います。

 ところで、今さらかもしれませんが、勉強と文章の練習、また自分で読むためも兼ねて、「The Origin of Snow」の邦訳をしてみました。もし「興味はあるけど英語は苦手」という方がいらっしゃいましたら、是非ご利用いただければと思います。
http://www.dark-crow.com/blog/2007/06/the_origin_of_snow_1.html
 

祝刊行

 投稿者:Okawa@風の十二方位  投稿日:2007年 4月23日(月)22時24分59秒
  >しえなさん
早速オーダーしました。しかし、ここの所目白押しですね。

「ヴェヌスシリーズ」がスタート (産業編集センターさんありがとう!)
http://www.shc.co.jp/book/978-4-916199-97-3.html

「銀色の恋人」の再刊に続いて、続編の「銀色の愛ふたたび」が5月刊行予定!
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/11606.html
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/issue_schedules/paperback/list.html

そして、リー様ついにラノベに参入か(笑)
『パイレーティカ 女海賊アートの冒険 上巻』
http://www.gagaga-lululu.jp/lululu/lineup.html

いやあファンとしては夢じゃないかという感じです(^^)

読んだら邦訳版のレビューをアップして、サイトもさすがに手直ししましょうか。
 

『ヴェヌスの秘録』刊行開始ヽ(´▽`)/

 投稿者:しえな  投稿日:2007年 4月15日(日)08時32分17秒
  時々ROMしています。書き込むのは、初めてか2度目くらいです。
『ヴェヌスの秘録』がついに刊行開始ですね。出版は産業編集センター、訳は柿沼瑛子さん。毎月下旬に刊行予定だそうです。
わたしは本は一気読みするタイプなので、全部揃えてから、じっくり楽しむつもりです。
勿体なくてとっておいた『銀の森』をやっと読めます。
いつも一冊は未読のものがないと、なんだか寂しいので(^^;)
 

リー様も幸せだと思いますよ

 投稿者:Okawa@風の十二方位  投稿日:2007年 1月 6日(土)20時18分33秒
   ええ、自分の想いをそのままに出してみてください。
 私も読んだ想いをつたなくはあってもそのまま伝えるために、レターを出しました。
 自分の作品世界が遠い国の読み手の心を揺り動かした、そんな手紙はきっとリー様も幸せにすると思います。

 私も読んだ後に想いを書きとめてアップして、その後本は一冊も手放してません。それどころか、機会があれば予備用の本もキープするようにしています(笑)。私も呼んだ本の背綴じがかなりダメージが出ていてそのままでは人に貸せないもので

 早川さんが復刻してもらえるといいんですが...
 「銀色の恋人」の映画化が実現すれば、そのタイミングならと期待はしています。
 

出しますファンレター

 投稿者:鳥好き  投稿日:2007年 1月 6日(土)13時24分12秒
  あけましておめでとうございます。
こちらこそ、失礼しました。
ぐだぐだした書き込みの上、ヒット・アンド・アウェーで、すみません。

Okawaさん、ファンレターのこと、アドバイスありがとうございます。
とにかく、「作品、好きです」と伝えたいので、やってみようと思います。

冬物語、闇の城、死霊の都も、読んだんです。いい作品だー。
やっぱり好みは変るから、とある長編ものとかは処分してしまいましたが、
タニス・リーは、絶対、そんな気おきなかったんですよね。
いま読み返せるうれしさを、かみしめてます、なたねさん。

早川に、タニス・リー作品集を、数量限定でいいから出してくださいと
お願いもしてみました。
「妖魔の戯れ」なんか、ちょっと厚手だから、真ん中がはがれちゃって。
ハードカバー、豪華版で結構ですとも。一生ものにしたいから。
 

浅羽さん

 投稿者:Okawa@風の十二方位  投稿日:2006年12月15日(金)23時30分52秒
  9月18日にお亡くなりになったそうです。
あの華麗な訳が見られないと思うと本当に残念です。平たい地球を訳している際に、リー様にねぎらわれたということでしたが、原書を読んでもその輝きと艶やかさの質は変わりません。本当に惜しい方を亡くしたと思います。

>鳥ならなんでも好きさん

 すみません、管理人不行き届きで。ちょっと仕事が忙しくなって落ち着いてPCに向かえなくなってしまったもので。
 私も平たい地球の物語に涙しました。皮肉と強がりの中に見える魂の真実。

 「泣けぬのだ」

 とつぶやく心の涙に目頭が熱くなった思いです。

 「雪の起源」も短いなりに心のしみる話ですね。ファンレターは送ってみてはいかがでしょう。心を込めたレターならリー様はきっと読んでくれると思いますよ。欧米の出版社は親切ですから、きっと転送してくれます。
 

浅羽さん?!え?

 投稿者:なたね  投稿日:2006年12月15日(金)20時34分19秒
  鳥ならなんでも好きさん>
初めまして。私も数年置きに読み返しては、過ぎ去った記憶を輝かしく思い出して
悦に浸るタイプです。

浅羽さん、お亡くなりになったのですか?
あわててあっちこっち調べてみたら、どうやら9月の終わり頃ご他界なさったようですね。
知りませんでした。今日は一日、気分が沈んでおります。
私のひとつの青春時代にピリオドが訪れたがごとく、光が一個消えてしまったようです。

ご冥福をお祈りいたします。
 

/20